工務店三代目の憂鬱

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

隣家に越境した枝や根の対処法。果実やタケノコの取り扱いは?

こんにちは。

今日は、越境した枝と根についてお話しします。


『枝』が隣家に越境しても、

隣家の方は勝手に切ることはできません。

なぜなら、越境しても枝の所有権は木の所有者にあると

民法に規定されているからです。


では、もし枝の切除依頼に応じてもらえない場合、

隣家は我慢し続けるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

所有者の費用で切り取ってもらえるよう、

裁判所に申し立てることができるんです。


一方、『根』が越境した場合、民法では

隣家は所有者の許可なく切除できると規定しています。

とはいえ、所有者から

「根の切除が原因で木が弱った」

と苦情が入る恐れもありますよね。

そのため、今後の付き合いを考慮し、

切除する前に連絡しておいた方が無難だとされています。


では、『越境した部分の枝に実った果実』や

『越境した根から成長したタケノコ』は、どうしたらよいのでしょう。


枝に実った果実は、木の所有者のものです。

なので、越境していても勝手に採ってはいけません。

しかしタケノコの場合、

切除しても良い根の延長上にあるものなので、無断で採っても構いません。

むしろ、そのまま放置すると、隣家の庭に竹林ができてしまいます。

その予防のため、必要不可欠な措置と言えるでしょう。


樹木に関する隣家トラブルは、枝と根、枯葉だけではありません。

飛散した種子、収穫期の果実に群がる鳥や虫、

収穫されないまま腐敗した果実など、様々なトラブルがあります。


「シンボルツリーは植えたいけど、

 知識が無いので自分に合ったものを選べるか不安だ」

という場合、外構業者や造園業者など、

木の専門家に相談してみてはいかがでしょう。

彼らは、植栽の成長や手入れについてだけでなく、

植栽による近隣トラブルに関しても経験や知識が豊富です。

頼りになりますよ。^^


では、また。


2020年02月14日 09:27

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間10:00〜19:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved