happyブログ「love & life」

<<前の3件 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21

定期点検に消極的な業者もいます

■点検時期はそれぞれ


定期点検の時期は業者によって異なりますが、

多くの業者が実施しているのが、

6か月、1年、5年、10年…等です。


熱心な業者は、上記の他に1か月、3か月、2年、3年…

と、よりこまめにスケジュールを組みます。

■最低10年は点検してくれる業者を


新築住宅は、瑕疵担保責任保険への加入が義務付けられています。

この保険に加入した業者は、

引き渡し後10年間の住宅瑕疵担保責任を負います。

これにより、施主は最小限の負担で補修を受けることができるんです。


一般的な業者は、建物の部位別に保証期間を設定しています。

最も長いのは屋根や外壁等で、その保証期間は10年です。


ところが、定期点検の消極的な業者の場合、

引き渡し後1年過ぎると

途端に連絡が取りにくくなるケースがあります。

その場合、早めの発見も適切な補修もできません。

そうならないよう、定期点検に積極的で、

最低でも瑕疵担保期間が満了する10年は点検してくれる

業者を選びましょう。

■他社に委託するか、有償か無償か


業者によっては、定期点検を外部に委託します。

ずっと無償な業者もいれば、

一定期間内は無償で、それ以降は有償とする業者もいます。


また、点検項目を記したチェックシートを片手に

サラッと点検する業者もいれば、

じっくり時間をかけて点検する業者もいます。


ご自身は、業者にどんな定期点検をしてほしいですか?

たとえ、どんなに望み通りの家づくりができても、

一緒に家を守ってもらえないと不安が募ります。


安心して暮らすため、引き渡し後も

末永く協力し合える業者を選んでくださいね。


2019年03月19日 10:17

担当者はマニュアル型?それとも気づける人?

■マニュアル型だと


「要望を全部叶えてもらったのに、満足度の低い家になった」

という体験談を聞いたことはありませんか?


施主が『言葉にした要望』を叶えようとする担当者はマニュアル型です。

とはいえ、施主に役立つよう日々努力しています。

要望を叶えようと本人なりに頑張っているのですから、

決して悪いというわけではありません。


しかし、『言葉の先に隠された要望』に気付けない、

あるいは気付く必要性を感じていない場合があります。

■気付ける人


サービス精神を持ち合わせている人は、自分が体験したサービスにも敏感です。

相手のさりげない気づかいや思い遣りを感じ取ることができます。

そのため、施主の『言葉の先に隠された要望』の重要性を知っています。

「性能」や「広さ」で表現した『モノ』ではなく、

「そこでどんな暮らしをしたいのか」という『コト』に関心を示せるんです。

■ホスピタリティー


マナーや知識は、ある程度勉強をすれば身に付きます。

しかし、『言葉の先に隠された要望』を叶えるには

その先の能力が必要でしょう。

それが『ホスピタリティー』です。

・サービス・・・尽くすこと。相手の要求に応えること

・ホスピタリティー・・・要求以上の付加価値を提供すること


あなたの担当者は、あなたの要望をどんな視点で捉えていますか?

言葉にした要望だけに反応していますか?

「なぜ、そうしたいのですか?」

「そこでどう過ごしたいのですか?」

と聞いてくれますか?


『言葉にした要望』を叶えた家づくり経験者と同じ後悔をしないために、

担当者の反応を観察してみましょう。


2019年03月12日 12:17

火災警報器の設置場所は、市町村の条例によって異なります

■都道府県別の状況は?


消防庁の調査によると、昨年6月1日時点での

住宅用火災警報器の設置率は、

全国平均81.6%となっています。

ちなみに、設置率第一位は福井県(94.6%)で、

最下位は沖縄(57.5%)です。


なお、条例適合率の全国平均は66.5%です。

こちらの第一位は石川県(84.7%)で、

最下位は沖縄(42.4%)となっています。

■条例適合率とは


条例適合率とは、市町村の火災予防条例で

設置が義務付けられている住宅の部分全てに

設置されている世帯の全世帯に占める割合です。


ちなみに、条例適合率第一位の石川県では

・部屋の名称に関係なく、就寝の用に供するすべての居室

・2階以上に寝室がある場合、寝室のある階の階段の天井等

への設置が義務付けられています。


その他、自治体によっては

・火気を取り扱う場所(台所・居間等)や廊下にも設置すること

・エアコンや換気扇の吹き出し口から1.5m以上離すこと

などを求めている場合もあります。


そこで、新築や転勤により他自治体に移り住む場合は、

ぜひ住宅火災警報器に関する条例を調べてみてください。

空気の乾燥により、火が燃え広がりやすい時期はまだ続きます。

早期発見に役立つ火災警報器で、家族の安全を守りましょう。^^


2019年03月05日 09:55

<<前の3件 11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21
お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間10:00〜19:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved