境界標ってどんなもの?位置が違う時の対処法は?

■境界標の種類


  境界標は、その役割上、

  移動しにくく耐久性に優れたものでなければなりません。

  耐久性に優れているのはコンクリート杭や金属杭、

  御影石などの石杭ですが、石杭は高価で加工しにくいため、

  コンクリート杭や金属杭が多く用いられています。


  上記の他に、プラスチック杭や木杭などもあります。

  ただし、木製は腐食しやすいため、

  現在は仮杭(一時的に使用する杭)として用いられています。

  ■設置するのは誰?


  分譲地の場合、販売前に業者が設置しています。

  しかし、個人の場合、単独での設置はお勧めできません。

  トラブル回避のため、隣接する土地の所有者と合意の上、

  土地家屋調査士などの第三者に依頼して設置します。

  その際、土地家屋調査士が作成した地籍測量図は、

  大切に保管しておきましょう。

  ■境界標を設置したのに、なぜ地積測量図を保管するの?


  自然災害などが原因で、境界標がズレたり紛失することがあります。

  また、工事のために境界標を移動させた業者が、

  正しい位置に戻さない場合もあります。


  悪質な事例では、

  隣地の所有者が自身の所有地を広げるため、

  故意に境界標を移動したり紛失させたケースもあります。


  境界標が正しい位置に無い場合、

  土地の境界を証明できるのは測量図と登記簿だけです。

  繰り返しになりますが、ぜひ大切に保管してください。

2019年11月19日 08:58

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間10:00〜19:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved