隣家との程よい距離感でトラブル回避 

■建物は境界線からどれだけ離せばいいの?


  民法234条には、『建物を築造するには、

  境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。』

  とあります。その目的には、

  ・隣家のプライバシーに配慮するため

  ・隣地の日照や通風を確保するため

  ・火災が発生した時、延焼を防ぐため

  などがあります。


  ただし、建築基準法の規定によっては、

  さらに境界線との距離を広く保たねばならない場合があります。

  逆に、建築基準法65条のように、

  防火地域又は準防火地域内の場合、外壁が耐火構造のものについては、

  その外壁を隣地境界線に接しても構わない場合もあります。

  ■境界線から1m未満だと、必ず目隠しが必要?


  民法第235条には、『境界線から一メートル未満の距離において

  他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。)

  を設ける者は、目隠しを付けなければならない。』

  とあります。

  ただし、目隠しを付けなくても構わないという慣習がある地域の場合、

  民法より慣習が優先されます。


  先輩施主の中には、先に住んでいた隣家から

  「視線が気になって苦痛だから、民法の規定通り目隠しを設置して!」

  と請求されて苦労した方が少なくありません。


  そんなトラブルを防ぐには、

  ・隣家の屋根や壁しか見えないように、窓を高めに配置する

  ・小窓やスリット窓など、『宅地を見通せない』窓にする

  などの方法があります。


  ■境界線ギリギリに建てられそうになったら?


  隣家が、法律の規制に反して境界線近くに建物を建てた場合、

  工事の中止や変更を求めて、

  裁判所に申し立てをすることができます。

  しかし、着工から1年以上過ぎた場合や、

  建物が完成してしまった場合は手遅れで、

  もはや損害賠償の請求しかできません。


  もし、ご自身の隣家が

  規制に反した建物が建てそうだと気づいた時は、

  法テラスなどをフル活用して早めに対応しましょう。

2019年11月13日 17:04

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間10:00〜19:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved