寝汗は、脳が働き続けている証拠です。

こんにちは。


蒸し暑い日の朝、寝汗だけでも気持ち悪いのに、

身体が重くて疲れが抜けていないことはありませんか?


疲れが抜けていない最大の原因は、

『体温の上昇を防ぐため、就寝中も脳が働き続けたから』です。


体温が上昇すると、脳は汗腺に汗を出すよう指示します。

健康な人でも一晩でコップ一杯程度の汗をかくと言われていますが、

体温を下げるためには、それ以上の発汗が必要です。


就寝中に汗をかきやすい原因には

・室温が高い

・ストレスが原因で体温調整がうまくいかない

・老化や更年期障害などで、ホルモンバランスが乱れがち

・飲酒過多

・感染症や糖尿病などの疾患

などがあります。


このうち、今日にでも解決できるのが室温の高さです。

(質の良い睡眠が、多少はストレスを軽減できるかもしれませんが…)


室温の高さを解決するために、

・就寝1時間程前からエアコン(26度設定)で寝室を冷やす

・タイマーを使わず、エアコンを付けっぱなしにして室温を維持する

・除湿機で湿度管理(理想は50%)する

といった方法が推奨されています。


とはいえ、エアコンが好きでない方や、長時間の冷房に罪悪感を抱く方にとっては

逆にストレスになるかもしれません。

しかし、朝のだるさが続く時は、

「脳を休ませるため」と割り切ることも必要でしょう。


徐々に涼しい日が増えてきたからこそ、

暑さがぶり返した日の寝苦しさはつらいものです。


快適な室温の維持は、脳を守るだけではなく、

夜間熱中症の予防にも役立ちます。

もし、室温環境が整っているのに汗をかき続けるのであれば、

何らかの病気が原因かもしれません。

そんなご家族がいれば、ぜひ早めに病院に連れて行ってあげてください。


家族の健康を守るため、より良い寝室環境を整えたいですね。


では、また。

2019年10月01日 09:48

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved