happyブログ「love & life」

<<前の3件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18

その電気ストーブの使い方、間違っているかもしれません。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


年末に急激な寒波がやってきましたが、

体調を崩されていませんか?


猛暑の時期もそうですが、寒さが厳しい今の時期も

快適な室温で暮らせる家づくりの大切さを痛感しますね。

+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----

■いくつあてはまりますか?


・購入してから一度も取扱説明書を読んだことがない

・外出時や就寝中もつけっぱなしにしている(タイマー使用含む)

・1m以内に燃えやすいもの(カーテン・雑誌など)がある

・たこ足配線や延長コードで使用している

・電気ストーブの上に洗濯物を干している

・近くにヘアスプレーや殺虫剤等のスプレー缶を置いている

・近くでスプレー缶を使う

・不安定な場所(毛足の長い敷物の上など)で使っている

・使わない時もプラグを差しっぱなしにしている

・プラグやコードが傷んでいる

・コードを束ねた状態で通電している

・プラグ上に溜まったホコリを除去せず使っている

・異音や異臭がする

・電気ストーブを使う部屋に火災警報器を設置していない

・その電気ストーブを6年以上使っている


いかがでしたか?

一つでも当てはまっていれば火災の可能性を否定できません。

お子さんは、机の下に置きっぱなしで使っていませんか?

外出する際、ペットのためにつけっぱなしにしていませんか?

■掃除の注意点


・乾いた手で電源プラグを抜いてから行う

・分解しない(外して良いのはガードだけ)

・本体や操作部に水・油・洗剤などを掛けない

■こんな決まりがあります


電気ストーブには、消防法により「離隔距離」が定められています。

「離隔距離」とは、火災予防のために必要な安全距離のことです。


前方放射型の場合、

上方100cm以上(落下物の無い場所)、

側方30cm以上、前方100cm以上、後方4.5cm。


自然対流型の場合、

上方100cm以上(落下物の無い場所)、

側方4.5cm以上、前方4.5cm以上、後方4.5cm。


上記は最低ラインなので、製品によっては、

それ以上の離隔距離を取り扱い説明書に記載しています。


火を使わないから安全だと油断しがちですが、

やけどや火災、一酸化炭素中毒による被害者は多いものです。


今の設置場所や使用法に問題がないか調べるとともに、

正しい使い方を家族みんなで確認しておきましょう。



2019年01月08日 09:48

2018~2019年 冬期休暇のお知らせ

皆さまお変わりありませんでしょうか。スタッフのみやじまです。

いよいよ年末ですね。オノケンも仕事納めとなります。

このブログも冬期休暇中は休止とさせていただきます。

--------【2018~2019年 冬期休暇のお知らせ】--------

12月26日(水)~1月9日(水)

1月10日(木)から通常営業となります。

メール、HP、お電話でのお問い合わせは冬期休暇終了後順次対応させて頂きます。

----------------------------------

さて、先日小野市で有名な駅そばのお店に行ってきました。

小さなお店ですが、いつもお客さんがいっぱいで、遠方から訪れる方もいるほどの人気店。

このお店には10年位通っていますが、いつも変わらず、おいしくてお店の方も親切です。

物価が上昇したり環境の変化もあるなかで、10年間同じ品質を保ち続けるのはすごいことです。

おいしいおそばを頂きながら、いつもと「変わらない」パワーを頂きました。

進化の大切さとは別に、変わらないこと、特に「変わらぬお付き合い」いただけるのって

幸せなことですね。オノケンは創業1953年。66年もの間、地域の皆様にお世話になって

おります。とてもありがたいことです。

皆様どうぞ、新しい年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします


2018年12月26日 17:10

12月は『掃除中の事故」が最も多い月です

■過去5年間の状況


東京消防庁によると、平成25年から平成29年までの5年間に

掃除中の事故により救急搬送された方は、

東京消防庁管内だけで3,772人に上るとか。


ちなみに、事故の種別の上位3つは

・ころぶ・・・1,470人(39.0%)

・落ちる・・・1,004人(26.6%)

・ぶつかる・・  325人( 8.6%)

で、以下は「切る・刺さる」「挟む・挟まれる」と続きます。


■事故の事例


【ころぶ】

・トイレを掃除中、かがんだ際に前のめりに転倒し、頭頂部を受傷

・浴室内清掃中に転倒。腰部を打撲し歩行困難に

・掃除中に掃除機のコードに引っかかって転倒し、右大腿部を受傷


【落ちる】

・リビングでエアコンの掃除をしようと段差にのぼった際、

バランスを崩して転落し、右手首と腰部を受傷

・2階ベランダの掃除中にバランスを崩し、1階の庭へ背中から転落

・脚立に乗り浴室の天井を掃除中、脚立がぐらつき空の浴槽内へ転落

■事故防止のために


高所を掃除する際は、安定した足場を選ぶだけでなく

・片手で固定された家具などにつかまる

・降りる際に足を踏み外さない

といった注意も必要です。


また、体力の不安や年齢による衰えを感じた際は、

無理をせず、業者に依頼することも検討しましょう。


なお、洗剤が目に入ったり、

酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜたためにガスが発生した事例もあります。

洗剤の取り扱いには十分に注意しましょう。


2018年12月25日 09:23

<<前の3件 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18
お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved