happyブログ「love & life」

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

湿気や花粉の対策に役立つもの


  ■網戸


  花粉の侵入を防ぐ手っ取り早い方法は、窓を開けないこと。

  しかし、カビやダニの繁殖を防ぐためには

  換気が欠かせません。


  一般的な網戸は、目が大きいので花粉を通してしまいます。

  しかし、ミクロサイズのフィルターにより、

  花粉を80%以上も防ぐ雨戸があります。

  網の目が細かい分、一般的なものより通気性は劣りますが、

  虫やホコリ、雨や紫外線の侵入をカットする働きもあります。

  ■サンルーム


  洗濯物を部屋干しすると、ニオイやカビの原因になります。

  部屋が狭くなり、見た目も雑然とするので

  せっかくの新居が台無しです。


  湿度に配慮した室内干し専用スペースを設けない場合、

  サンルームの活用を検討したいものです。


  花粉や虫が気にならない時期は、

  開口部を開けて外気を存分に取り込むこともできます。

  ■アレルギー物質対応の床材や壁材


  外出中に服や髪に付着する花粉。

  それらを完全にカットして室内に入るのは難しいものです。

  特殊な機能を持つ床材や壁材を採用すれば、

  室内のアレルギー物質を抑制することができます。


  打ち合わせの際、家族の体質について

  業者の方から問いかけてくれるかどうかわかりません。

  アレルギー反応で悩む家族がいるのなら、

  みなさんから業者に伝えてみましょう。


  最近は、健康な住まいへの関心が高まっています。

  プロの知識や経験を参考にしながら

  家族にピッタリの対策を採用したいですね。


2017年04月18日 11:28

窓・ベランダからの落下事故を防ぐ

 
 ■こんなデータがあります


東京消防庁の管轄内では、平成23年から平成27年までの5年間に、

5歳以下の子供114人が、

住宅等の窓やベランダからの墜落により医療機関に救急搬送されました。


東京消防庁のホームページには

・1歳男児が、3階居室内の窓側に置いてあるソファーに乗り、

 開放されていた窓枠に手を掛け(ソファーから窓枠までの高さ約1m)

 乗り越えて1階地上部分に墜落した。(程度:重症)


・1歳女児が、5階窓枠に干していた布団に直接よじ登り

 窓から墜落した。(程度:重症)


・2階でかくれんぼをしていた5歳女児が、

 出窓から南側の道路に墜落し受傷した。(程度:重篤)

 の3つの事例が紹介されています。

 ■安全対策最優先で


 みなさん、近所の家々のベランダを見てください。

 幼児がすり抜けられるほど隙間の大きな柵もあれば、

 視界ゼロで外に関心を持たせないような柵まで、

 さまざまなタイプがあると思います。


 あなたがベランダでの家庭菜園を楽しみたいなら

 日光を取り込みやすい柵を採用したいことでしょう。

 しかし、お子さんが幼いなら、

 安全性の高さを優先したいものです。

 ■踏み台になるものを置かない


 家庭内の落下事故の内、最も発生件数が多いのは窓。

 次がベランダです。


 窓の近くには、

 ソファー、テーブル、椅子、子供の遊具など、

 踏み台になるものを置かないようにしましょう。


 また、ベランダに安全性の高い柵を設置しても、

 エアコンの室外機、プランターなど

 踏み台になるものがあれば意味がありません。


 階段での落下防止のため、

 子供が小さな時期だけ柵を付ける親御さんは多いものです。

 しかし、そんな親御さんでも、

 窓やベランダの安全対策を意識していないことがあります。


 みなさん、気を付けたいですね。


2017年04月11日 10:21

収納は奥行きが肝心


  ■間口に気を取られがち


  間取りを決める時、

  各部屋にたっぷりの収納スペースを確保できると安心します。

  しかし、そこに何を収納するか決めず、

  間口や容積に気を取られていると、

  使い勝手の悪い収納スペースが完成してしまいます。

  ■収納したいものの奥行きを測ってみましょう


  例えば玄関のクローゼット。

  一般的な奥行きは60センチほどですが、

  恰幅の良い家族がいるなら、

  それ以上の奥行きがないと対応できませんよね。


  逆に、文庫本しか置く予定がないのに

  雑誌が置けるほどの奥行きがある本棚を設けても、

  手前の余った空間にホコリが溜まって掃除の手間が増えます。

  ■悩んだことのない人は一般的な提言しかできません


  少しきつい言い方になりますが、仕事優先で

  家事をする機会が少ない人には

  掃除や片付けの悩みはわかりません。

  そのため、たとえ設計士などの資格を持つ人でも

  収納スペースについて

  一般的な提言しかできないことがあります。


  良いアドバイスをもらうために、

  「来客用の布団が客間の押し入れに入りきらない」

  「夫の靴が大きくて、アパートの靴箱だと扉が閉まらない」

  「調理器具を収納する場所が足りない」

  など、今の収納に対する悩みを

  場所別に書き出してみましょう。


  収納スペースが生活に対応できていないと、

  先々のストレスの原因になります。


  次の休日は、メジャー片手に家の中を調べてみませんか?


2017年04月07日 15:58

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved