happyブログ「love & life」

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

いつの間にか、家づくりの主役があなたから業者に…

■大量生産のきっかけ


手間暇を掛けない住宅が大量生産されるようになったきっかけは『戦争』です。

戦後の復興の際、最も重要とされた課題の一つが『深刻な住宅不足の解消』。

そのため、質より量を優先せざるを得なかったのでしょうが、

弊害としてシックハウス症候群に苦しむ人が増えました。

また、技術力のない大工でも施工できる仕組みができたため、

大工の育成を後回しにする業者も増えました。


皆さんは、家づくりに携わる業者なら

自社大工がいるのが当たり前だと思っていませんでしたか?

利益優先の業者は育てる手間を惜しみます。

『下請け』や『孫請け』に任せ、自社大工がいない業者は…

つまりそういうことなのです。^^;

■その業者が優先しているのは『あなた』?『自社』?


家族と今以上に幸せに暮らすため、契約者の命を担保にし、

数十年に渡る借金生活を覚悟して始める家づくり。

なので、家族の夢や希望を詰め込みたいと思うのは当然です。

しかし、利益優先の業者はあなたの思いを後回しにします。

優先すべきは自社の利益。

そのため、言葉巧みに『おススメ』を提案します。


あなたは、もう業者との打ち合わせまで進んでいますか?

「こちらの方がお得ですよ」

「このプランは人気なんですよ」

などのセールストークを耳にしたことはありませんか?

彼らは、家づくりの主役の座をあなたから奪おうとしています。


業者があなたのこだわりに向き合おうとしなかったり、

面倒だからとあなたが業者に任せっきりにしたり…。

そうして完成した新居の満足度は、どれほどになるでしょうか。


あなたと家族のために家づくりをするのすから、

あなたと家族を主役にし続けてくれる業者を選びましょう。

契約までしか担当しない営業マンは、引渡し後の家守りは担当しませんよね?

挨拶も返してくれないような大工に、入居後の不具合は相談しにくいですよね?


社長や棟梁と話したり、普通の現場の様子を見に行ったり、

見学会などの勉強会に参加したり、OBさんと話をしたり…。

時間も手間も掛かりますが、

多額の費用と長期の返済期間に見合う業者を見極めるためと思えば、

頑張れそうですね。


2018年08月15日 13:12

それ、熱中症ではなくシックハウス症候群かもしれません

■夏ならではの原因


ゴキブリ、蚊、キクイムシなどの行動が活発化する夏。

(キクイムシとは、住宅や家具等の木材に1mm程度の穴を開ける虫です)

あちこちの家庭で殺虫剤が活躍していることでしょう。


ところで、皆さんのお宅では、虫が室内に侵入しないよう

玄関や窓などの開口部に殺虫剤を吊していますか?

水回りのカビ対策に、防カビスプレーを使っていますか?

室内のニオイ対策として、消臭剤や芳香剤を使っていますか?

それらには、シックハウス症候群の原因となる

化学物質が含まれているかもしれません。


また、夏は一年の中で最も湿度が高くなりやすい時期。

高温多湿な室内は、シックハウス症候群の原因の一つである

ダニやカビが大好きな環境です。

そして、防カビ剤に含まれるアセトアルデヒドなどの揮発性物質は、

気温が高くなると発散量が増加します。


つまり今の時期は、一年の中でも

特に掃除と換気が欠かせない時期なのです。


■体調不良が続いていませんか?


熱中症の初期症状として、

頭痛、めまい、手足のしびれ、倦怠感などがありますよね。

じつは、シックハウス症候群でも同じような症状が現れます。


この夏、原因不明の体調不良が続いていませんか?

室温や湿度、食事や睡眠等に配慮しても体調不良が続くなら、

シックハウス症候群の可能性も考えた方が良いかもしれません。


■換気と掃除


「エアコンで換気できるから、窓を開けて換気しなくても大丈夫」

「冷気を逃がさないよう、エアコン使用時は24時間換気装置を止めている」

という家庭は要注意です。


エアコンの中にカビがあると、運転中はずっと

カビの胞子を室内にまき散らすことになります。

フィルターにホコリが詰まっているなら、

有害物質を屋外に排出できていないかもしれません。

それに、ホコリには必ずと言っていいほどダニがいます。


自宅を留守にする時間が長い家庭ほど、

帰宅時の室内には化学物質が蓄積しています。


どうしても窓を開けられない場合、

キッチンやトイレなどの換気扇をフル活用するなど、

換気する方法を考えてみましょう。


2018年08月07日 10:39

熱中症予防に湿度管理は欠かせません。

■湿度が7割


暑さ指数は、

『気温の効果=1割、湿度の効果=7割、輻射熱の効果=2割』

で計算します。


汗は、蒸発する時に体内の熱を逃して体温を下げてくれますよね。

しかし、湿度が高い場所では汗が蒸発しにくいため、

体温を下げる効果が弱まります。

実際、気温が同じでも湿度が高い日の方が熱中症患者は多いんです。

■夏に適した除湿機はコンプレッサー式


コンプレッサー式除湿機は、

取り込んだ空気を冷却器で冷やして結露させることにより、

湿気を取り除きます。

暑い時期に能力をより発揮しやすく、

運転中に室温が上昇しにくいのが特徴です。


デシカント式除湿機は、

ゼオライトという乾燥剤に水分を吸着させて

水分を取り除くものです。

発熱量が多いために室温が上がりやすく、

夏場には不向きと言えるでしょう。


ハイブリッド式除湿機は、

前述の2種類の長所を生かし、融合させたものです。

夏はコンプレッサー式で、

冬はデシカント式で作動することにより

除湿力の低下を防ぎます。

■安全な室温、湿度は?


安全に過ごすための室温の目安は25~28℃です。

(※エアコンの設定温度ではありません)

湿度の目安は40~60%です。


あなたの家族に暑がりさんはいますか?

いる場合、扇風機の風が

優先的に当たるようにしてあげてください。

暑がりさんに合わせて室温を下げすぎると、

外気温と室温の差が身体に負担を与え、

他の家族が体調を崩してしまいます。


命の危険を伴うほどの暑さは、まだまだ続きます。

室内の温度と湿度を適切に管理し、

家族の健康を守りましょう。


2018年07月31日 09:34

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved