自然災害による家庭内の事故を防ぐために

■事故の件数


  昨年までの10年間にNITEに通知された情報によると、

  自然災害発生時に起きた製品事故と、

  ガスや電気が復旧した時に発生した製品事故の合計は55件です。


  ちなみに、同時期に発生した、

  非常用グッズの誤った使用や経年劣化による事故は108件です。

  中でも、特に事故件数が多く、重篤な被害が発生したのは、

  「携帯発電機(11件)」「カセットこんろ(55件)」

  「ライター(22件)」の3製品です。

  ■事例


  ・地震発生時、電気ストーブの上からの落下物がスイッチに触れて電源が入り、

   周囲の可燃物が接触したこと、又は放射熱で熱せられたことにより発火し

   周辺を焼損する事故が発生した。(東京都)


  ・付近の電柱に落雷して停電が生じ、

   停電復旧直後にエアコンのスイッチを入れたところ、

   落雷の影響で基板上の部品が損傷していたため、

   復旧後の通電によりショートして焼損した。(徳島県)


  ・携帯発電機を屋内で使用していたため、

   排ガスにより一酸化炭素中毒に至り1名が死亡、

   1名が重体となる事故が発生した。(宮城県)


  ・ガス風呂釜を点火後、異臭がしたため確認すると、

   当該製品及び周辺を焼損する火災が発生していた。(埼玉県)

  ■地震発生時の火災対策


  ・家具は、できるだけ壁に固定する。

  ・暖房器具等は棚などから離して使用し、未使用時は電源プラグを抜く。

  ■強風や大雨の対策


  ・センサーライトなどの屋外に設置した照明付近に布製品を配置しない。

  ・製品内部が濡れた後、異臭や異音があれば使用を中止し、製造事業者に連絡する。

  ■落雷対策


  ・落雷による停電時は、停電の復旧前に分電盤の全てのブレーカーを切り、

   全ての機器などのスイッチを切り、プラグを持ってコンセントから抜く。

  ・洗濯機やエアコンなどは、アースを取り付けることで雷の被害を低減できる。

  ■非常用グッズの安全対策


  ・携帯発電機は、屋内での使用は厳禁。

   屋外でも、風通しの悪いところでは使用しない。

  ・長期保存により劣化している恐れがあるので、定期的に点検・更新する。

2019年09月10日 09:42

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved