金利には2つのリスクがあります

こんにちは。


住宅ローンは、高金利だった頃が嘘のように

低金利時代が続いていますね。


さて、金利には


1.いかに余分な利息を払わないようにするか?

  =「利息の過払いリスク」


2.長期にわたる支払いの中で、返済が滞らないようにするには

  どうすればいいか?

  =金利変動による「返済不安リスク」


という二つのリスクがあります。


「過払いリスク」を減らしたい人は、金利の低さにこだわります。

当然、固定金利よりお得感のある変動金利に関心を持ちます。

また、今後金利が上昇すると考える人は、

変動金利より多少割高になっても、

「返済額が変わらないから安心して返済できる」

と固定金利を好ましく思います。

ご自身はどちらのタイプでしょうね。


ところで、これだけ低金利時代が続くと、後は上昇するだけだと思いがちです。

しかし、今の金利がゼロでない以上、さらに低金利になる可能性はあり得ます。

となると、金利の安さが決め手となって変動金利を選んだ人でも

「利息の過払いリスク」の可能性はあるんです。


その対策として、もし変動金利を選ぶなら、

「過払いリスク」と「返済不安リスク」のバランスを考え、

リスクに対応できる範囲内の金額だけ借りる、という方法があります。

そして、返済期間中は定期的に金利の動向をチェックするだけでなく、

万が一の際は早めに借り換えできるよう、次の候補を決めておくんです。

そうすれば、変動金利特有の不安感を緩和できるのではないでしょうか。


住宅ローンを契約する際は、たくさんの用紙に記入します。

契約に向けて、仕事を休んで金融機関に通うこともあります。

そんな面倒な作業を終え、実際に返済が始まると、

それまで住宅ローンを熱心に比較していた人でも、

熱が冷めたのか燃え尽きたのか、

残高を減らすことにしか関心を持たなくなることがあります。


「売る側」が勧める住宅ローンは、

「購入する側」に合うものを厳選したわけではありません。

「売る側」があなたに売りたいものを提案しているだけです。

勧められるままに契約するのではなく、

それぞれのリスクを考慮し、

あなた自身の判断で納得できるものを選んでくださいね。


では、また。

2018年12月25日 09:37

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved