契約に関する書類も、第三者機関にチェックしてもらえます。

こんにちは。


一般的な施主は、専門知識を持たなくて当たり前。

なので、よほどひどい現場でない限り、施工中の現場を見ても、

・図面通りに施工されているか

・施工不良や手抜き工事は無いか

といったことはわかりません。


そこで重宝されているのが第三者機関です。


検査回数は契約内容によって異なりますが、

節目節目で検査し、プロの目で見極めてくれます。

この制度が始まった頃は、

「第三者に検査を依頼したら施工業者との関係が悪くなるのでは?」

と心配する声も多かったのですが、

認知度が向上すると共に好意的な意見も増えたとか。

「思わぬミスを早期発見してもらえるので助かる」

と歓迎する業者もおり、それぞれに重宝されているようです。


ところで、第三者検査の対象になるのは

施工現場だけではありません。

売買契約書や重要事項説明書などの書類、

建物図面や地積測量図などの図面もチェックしてもらえます。


契約を結ぶ際、業者はまず重要事項を説明し、

施主の了承が得られたら売買契約に進みます。

ところが、実際はこの二つの作業を同じ日に行う場合も多いんです。

契約後、すぐに金融機関で最終手続きをするよう

スケジュールを組まれていたために、

重要事項に納得できないまま流されてしまった事例もあります。


これらの文書は

文章量が多い上に難しい内容なので、

一度読んだくらいでは理解しきれません。

正しく理解するには、契約前に写しをもらい、

じっくり読み込む作業が欠かせません。

にも拘らず、施主からの申し出が無い限り、

業者の側から積極的に渡すことは少ないんです。


それに、内容を理解するのが大事だとわかっていても、

そんな作業が苦手だったり

仕事や育児で時間を作れないことだってありますよね。


そんな時は、第三者による書類チェックを利用しましょう。

近くに第三者機関がなくても大丈夫です。

業者によって、ネットやFAX、郵送など、様々な方法で対応しています。


なお、費用やチェックのための必要日数は業者によって異なります。

ギリギリになって慌てることのないよう、注意しましょう。


では、また。

2018年09月25日 09:19

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved