新築候補地の上流に『ため池』はありますか?

■防災重点ため池


全国のため池の約7割は、江戸時代以前に造られました。

その後、都市の近代化や農業者の減少により、

ため池の下流に住宅や公共施設が増えてきました。


老朽化が進むほど決壊のリスクは高くなります。

そして、下流に住宅や施設が増えるほど、

決壊による影響は大きくなります。


そこで自治体は、そんな懸念があるため池を

『防災重点ため池』として監視すると共に、

ハザードマップ等で地域住民に公表するよう努めています。


ところが、現在のところ35%程度しか公表されていません。

その理由は、ため池の調査やハザードマップの作製に

多くの費用や時間がかかるためだとか。


ちなみに、農水省によると、その数は昨年3月時点で

全国に約11,360箇所もあるそうです。

■ため池ハザードマップポータルサイト


ため池ハザードマップは、

各自治体のホームページでチェックできます。

また、農水省のホームページでもリンク先を紹介しており、

今年6月現在、248市町村のため池ハザードマップを閲覧できます。
           ↓ ↓
(http://www.maff.go.jp/j/nousin/bousai/tameike/portal.html)


自治体により多少異なりますが、ハザードマップでは

・ため池決壊のメカニズム

・浸水想定区域

・浸水の深さ

・歩行困難度図

・ため池の名称や所在地、作成時期

・避難場所や避難の方法

などを調べることができます。

■地震も水害も


地震に対する防災意識と比べると、

水害に対する防災意識は不十分だといわれています。

皆さんはどうですか?

防災の第一歩は、その土地の特性を知ることから始まります。

土地選びの際は、ぜひチェックしてみてください。

2018年07月24日 08:42

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved