ブロック塀撤去に関する助成制度

■手続きの手順


細かな部分は自治体によって異なりますが、

一般的な流れは以下の通りです。


申請に必要な写真や書類を提出 → 条件を満たすか書類を審査 →

交付決定通知の発送 → 工事 → 完了届の提出 →

完了届の審査 →(問題が無ければ)補助金交付

■対象と金額


自治体が危険だと判断したブロック塀が対象です。

ただし、判断基準も金額も自治体によって異なります。


例1:東京都武蔵野市

【対象】

・一般公衆の通行に使われている市内の道路に面していること。

・高さが1.3メートル以上のブロック塀等であること。

・市の調査により危険と判定されたものであること。

【金額】

・改修・補強ともに1メートルあたり6,000円

・上限=改修48万円、補強24万円

例2:福岡県福岡市

【対象】

道路に面している高さがおおむね1メートル以上のブロック塀等で、

調査により著しいひび割れまたは傾きなどが認められ、

特に危険な状態にあるもの。


【金額】

1件あたり45,000円を上限とし、

除却するブロック塀等の長さに4,500円を乗じた額と

除却に要する費用(見積もり)の2分の1に相当する額を比較し、

どちらか低い額を助成

■事前の相談が必要な場合も


大阪北部地震を受け、新たに制度を設けたところもありますが、

まだ助成制度が無い自治体もあります。

まずは、住んでいる自治体のホームページで

制度の有無を確認しましょう。

なお、自治体の中には申請前の相談を必須とするところがあります。

そのあたりも、しっかりチェックしてくださいね。

2018年07月10日 09:07

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved