危ないブロック塀と相談先

■目安は30年。ですが…


ブロック塀の寿命の目安は30年です。しかし、

・設計基準を満たしていない

・地盤が弱い

・植栽の根が基礎部分に負荷を与えている

・交通量が多い

など、様々な原因で経年劣化が早まることがあります。


すでに、傾き、ぐらつき、ひび割れ等の症状があるなら

耐震性は弱まっていると考えてよいでしょう。


また、

・土留めとして設置されている

・鉄筋の配置が不適切である

・透かしブロックが多用されている

・元々あった塀の上に継ぎ足しされている

といったものは、完成時点で強度に問題があります。

経年劣化と共に、さらに強度は弱まります。

■施工と管理は有資格者に


ブロック塀は、建築基準法施行令第62条の8、

平成12年建設省告示第1355号において

高さや厚さ、基礎部分や鉄筋のことなど、

最小限守らなければならないことが定められています。


それを理解し、安全な施工や管理を行えるのは

・ブロック建築技能士

・コンクリートブロック工事士

・建築施工管理技士

など、専門資格を持つ技能者です。

■相談先は?


『一般的な相談』については、

各自治体の建築指導課などが対応しています。


また、『塀の個別診断』や『施工業者探し』の場合、

住んでいる地域の日本エクステリア建設業協会、

建築事務所協会、コンクリートブロック工業組合、

建設業協会などの法人に相談すると良いでしょう。

2018年06月26日 09:35

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved