安全機能がある『こんろ』なのに事故が多い理由

■安全装置はありますが…


今から10年前、ガスこんろによる事故を防ぐため、

『調理油過熱防止装置及び立ち消え安全装置の装備』が

法令で義務付けられました。

そのため、現在販売されているガスこんろは、

多くの安全機能を装備しています。


しかし、今でもガスこんろによる事故が発生しています。

みなさん、その原因の多くは『誤った使い方』です。

■事故の事例


・長時間加熱されたため、グリル庫内の魚や脂分などに着火し、

 内部が焼損した。(平成29年1月 製品破損)


・使用者が煮こぼれなどを放置していたため、

 機器内部のガスを通す配管が腐食して孔が開き、

 漏れたガスにこんろの火が引火した。(平成29年1月 製品破損)


・ガスこんろにやかんをかけて水を沸かしていた際、

 ガスこんろの周辺にあった食品の包装材などに着火し、

 室内を焼損、1名が死亡した。(平成28年5月、死亡)


・こんろの調理油過熱防止装置の付いていない方に

 天ぷら鍋をかけたまま放置したため、鍋の油が過熱し出火。

 住宅を全焼して2名が死亡した。(平成25年9月 死亡)

■事故を防ぐために守りたいこと


・使用中はその場から離れない


・グリルは使用後、こまめに掃除する


・グリル庫内で調理物や汚れなどが発火した場合は、

 扉を開けると火があふれ周囲に燃え広がるおそれがあるため、

 操作ボタンや器具栓つまみを消火の状態に戻し、

 火が収まるまでグリルの扉を開けない


・煮こぼれや油汚れはきれいに拭き取る


・ガス臭いときは絶対に火を点けず、

 ガス栓を閉めて販売店やガス事業者に連絡をする


・点火しにくいなどで繰り返し点火操作をするときは、

 ガスのにおいがなくなるまでしばらく待つ


・こんろの周囲に燃えやすいものを置かない


・汚れた鍋や少量の油で揚げ物調理を行わない

2018年05月10日 17:18

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved