新居でペットを飼う前に


■年間支出


アイペット損保は、犬・猫飼育者を対象として

ペット関連支出に関する調査を行いました。

年間支出額は以下の通りです。


●犬飼育者

・5万円未満・・・・・・・・・29.7%

・5万円以上10万円未満・・・26.7%


●猫飼育者

・5万円未満・・・・・・・・・43.2%

・5万円以上10万円未満・・・27.7%


ちなみに、想定以上にお金が掛かったのは、

『病気やけがの治療費』だそうです。

■犬・猫以外は?


アニコム損保の調査によると、

他の動物の年間診療費は以下の通りです。


鳥・・・・・・・・約3万円

うさぎ・・・・・・約5万円

フェレット・・・・約9万円


ところでみなさんは、動物病院によって

診療対象動物が異なることをご存知ですか?

犬と猫しか受け付けない病院もあれば、

亀やトカゲ、ウーパールーパーまで診る病院もあります。


診療科目も異なるので、ペットを飼う前に

新居の周辺の動物病院を調べておきましょう。

■ペットに優しい住環境は必須


一般的なフローリングは滑りやすいので、

ペットの脚や股関節には大きな負担が掛かります。

それが原因で脱臼やヘルニアなどを患い、

長期治療が必要になることもあります。


ペットの健康を保つには、ペット対応の滑りにくい床が欠かせません。

ニオイを減らすための消臭機能、

汚れや傷が目立ちにくい色合いの素材選びも大切です。


また、鳥類が壁紙をかじる、ウサギが電気コードを咬む、

猫が高い場所に上るなど、ペットの行動には特徴があります。

なので、それぞれに応じた対策も必要です。

その他、鳴き声が大きい種類のペットを飼う場合や、

しつけに自信が無い場合などは、

後々のトラブルを防ぐために防音対策の検討も必要でしょう。


みなさん、人間と同様、ペットも年齢を重ねるほど、

病気やけがのリスクは高まります。

空間づくりや飼育費など大変なこともありますが、

大切な家族の一員のために精一杯の配慮をしたいですね。

2018年03月13日 14:26

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved