嘘が混じった不動産広告もあります

■不動産広告の表示基準
     
不動産広告が伝える情報が偏らないようにするため、

広告に記載される情報には基準が設定されています。

ちなみに、物件の内容・取引条件などに係る表示基準は、

・取引形態

・物件の所在地

・交通の利便性

・各種施設までの距離または所要時間

 (徒歩所要時間は、道路80mにつき1分で計算)

・団地の規模

・面積

・物件の形質

・写真・絵図

・設備・施設等

・生活関連施設

・価格・賃料

・住宅ローン等

です。

■表示違反の事例


首都圏不動産公正取引協議会は、

インターネット広告の適正化を推進するための部会を設け、

適正化を図るための方策を実施しています。


平成28年度に部会が情報を共有した件数は2,812物件。

違反事例の一部は、ホームページ上で確認できます。


ちなみに、措置対象となった広告の内容の一例は以下の通りです。


・おとり広告

 (取引の対象にならない物件の広告を行った)

 (相場より著しく安い価格で広告した)


・特定事項の明示義務違反

 (敷地が著しい不整形画地である旨を記載しなかった)


・取引内容の不当表示

 (専有面積を、実際より広く表示した)

 (最寄駅等からの徒歩所要時間を、実際より短く表示した)

 (物件周囲には建物があるのに、空き地であるかのように広告した)

■関わらない勇気を


格安物件や掘り出し物として紹介されている土地には、

その金額で売り出さざるを得ない理由があります。

また、坪単価の安さをアピールポイントにしている業者は、

その価格で採算が取れる材料を使ったり、

坪単価に含まれない部分で利益を上げるなどの工夫(?)をしています。


広告に嘘が混じっていることに気づいたり、

何でも安請け合いすることに疑問を感じたり、

不信感や不安感を抱いた時、その業者は避けた方が賢明です。

2017年07月04日 11:05

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved