窓・ベランダからの落下事故を防ぐ

 
 ■こんなデータがあります


東京消防庁の管轄内では、平成23年から平成27年までの5年間に、

5歳以下の子供114人が、

住宅等の窓やベランダからの墜落により医療機関に救急搬送されました。


東京消防庁のホームページには

・1歳男児が、3階居室内の窓側に置いてあるソファーに乗り、

 開放されていた窓枠に手を掛け(ソファーから窓枠までの高さ約1m)

 乗り越えて1階地上部分に墜落した。(程度:重症)


・1歳女児が、5階窓枠に干していた布団に直接よじ登り

 窓から墜落した。(程度:重症)


・2階でかくれんぼをしていた5歳女児が、

 出窓から南側の道路に墜落し受傷した。(程度:重篤)

 の3つの事例が紹介されています。

 ■安全対策最優先で


 みなさん、近所の家々のベランダを見てください。

 幼児がすり抜けられるほど隙間の大きな柵もあれば、

 視界ゼロで外に関心を持たせないような柵まで、

 さまざまなタイプがあると思います。


 あなたがベランダでの家庭菜園を楽しみたいなら

 日光を取り込みやすい柵を採用したいことでしょう。

 しかし、お子さんが幼いなら、

 安全性の高さを優先したいものです。

 ■踏み台になるものを置かない


 家庭内の落下事故の内、最も発生件数が多いのは窓。

 次がベランダです。


 窓の近くには、

 ソファー、テーブル、椅子、子供の遊具など、

 踏み台になるものを置かないようにしましょう。


 また、ベランダに安全性の高い柵を設置しても、

 エアコンの室外機、プランターなど

 踏み台になるものがあれば意味がありません。


 階段での落下防止のため、

 子供が小さな時期だけ柵を付ける親御さんは多いものです。

 しかし、そんな親御さんでも、

 窓やベランダの安全対策を意識していないことがあります。


 みなさん、気を付けたいですね。

2017年04月11日 10:21

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541 お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

受付時間9:00〜17:00 定休日:水曜日(祝日の場合は営業します)

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅ローンシミュレーション
    • 採用情報
  • スタッフブログ
  • スタッフブログ・住まいづくり語録「工務店三代目の憂鬱」
  • モデルハウスのご案内

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • スマホ・ケータイ用QRコード
  • 携帯・スマホアクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です

Copyright(C)2006 @住まいの夢先案内所.com ALL Rights Reserved