お客様インタビュー

成功家族の家づくり物語

■ お客様にききました。 -- 施主 村井さんご家族
main52.jpg
「家を建てると決意する」、「信頼できる業者を選ぶ」、「実際に住んでみて」。それぞれの過程で迷い、悩むもの。各場面で出会う「苦労・困難」をご夫婦なりにどう解決したのか、またその時の素直な気持ちを詳しく伺いました。

もくじ 
  1. 村井さんご家族が「家を建てると決断できた」わけ
  2. 土地、建築業者を決めるまでにしたことと、検討のいきさつ
  3. 「決めた予算を守ったことが快適な生活を支えている」というご主人。これから家を建てる人に村井さんがアドバイスするとしたら・・・
  4. オノケンへの今後の期待


■ 村井さんご家族が「家を建てると決断できた」わけ

-- ご夫婦について教えてください。

わたしと妻は7年前に結婚しました。わたしは35歳で、妻は31歳です。
子供ができるまでは、妻も働いていましたが、今は1歳4ヶ月の息子の子育てに専念しています。

-- いつ家を新築されたのでしょうか?

結婚して3年が経った頃です。当時は子供はおらず、それぞれ自由な時間も楽しんでいました。
muraitei3.jpg
-- どうして家を建てようと思ったのですか?

わたしは結婚前から家を建てたいと思っていました。民間の家賃は小野市でも5~6万円はするので、同じ額のお金が毎月かかるなら、自分の物になる方が良いと考えていました。

また、静かで気を使わない暮らしが夢でした。周辺環境の良い土地に住みたい、そう思っていました。それに、私はデザイナーズ住宅など見栄えの良い住宅が大好きです。両方を叶えたいと思いましたが、これを賃貸で追求すると家賃がとても高くなります。

-- その理想の家を建てる為にまず何をしましたか?

まずは貯蓄を始めました。頭金が無いと、ローンの月払い額が高くなると思ったからです。

わたしも妻も「家を建てる」という想いは同じだったので、結婚後の新居は家賃が3万円程度の公営住宅にし貯金しようと決心しましたが、その抽選には外れてしまったのです。しかし幸運なことに、同じくらいの家賃の賃貸住宅に入居できました。そこで3年間、家の頭金を貯めるために、二人で頑張りました。

-- 順調に貯金はできたのでしょうか?

貯蓄は順調にすすみ、500万円程度貯めることができました。家賃が安かったことが、それに大きく貢献していると思います。

-- 貯蓄をしながらの生活で苦労したことはありましたか?

家賃が安いので、それはある意味仕方ないことですが、 部屋が手狭で建物も決して良いとは言えない物でした。その中でも辛かったのが、お風呂場と洗濯機が離れた場所にあったので、節水のためにと、風呂の残り湯をバケツで運んだりしていたことです。とにかく、当時は一刻も早く「引越したい」と思いながら生活していましたが、その努力の結果が今の生活につながっているので、今となってはいい思い出ですね。

-- 住宅ローンは35年と長く続きます。ローンを抱えることにどんな不安がありましたか?

3つありました。

毎月払えるのか
こ の問題は、月々の返済が6万円前後にすれば解決できると思いました。例え職がなくなったとしても、アルバイトで返済可能な範囲です。妻に苦労をかけること はないでしょう。また、小野市のファミリー物件の家賃相場も6万円程度です。結局同じ金額ならと前向きに考えられました。

病気の場合
私は病気になった時の為に保険に加入しています。住宅ローンには特約の生命保険が付いているので、掛けていた保険を見直すいい機会ですね。これなら乗り越えられそうです。
gosyujin-talk.jpg

万が一の場合
これも、住宅ローンの生命保険で解決できます。わたしに何かあって、ローンの返済不可能になった場合、その保険金で支払われるからです。保険料がかからない(金利含まれる)ことも魅力的ですね。これで、妻や子供は、返済に追われることなく、ずっとこの家に住むことができます。

勢いも大切です。悩むより、行動が大切。家族と快適な暮らしをする為に「建ててしまえば何とかなる!」と奮起して、最終的に家づくりを決断しました。家を建てる目的が明確であれば、あとは行動力だと思います。


■ 土地、建築業者を決めるまでにしたことと、検討のいきさつ

-- 土地の購入を決意した後、何から始めましたか?

わたし達は土地を持っていなかったので、まず立地条件を話し合いました。条件は3つです。

妻の実家に近いこと
将来子供ができたら、実家が必ず支えになると考えました。子供が産まれてからは、実家の助けがあって本当に良かったと感じない日はありません。

周辺環境が良いこと
これは、昔からの夢でした。静かで自然豊かな環境に一刻も早く住みたいと願っていました。

ご近所付き合いで苦労しない地域であること
わたしはニュータウンなど、全員新しく入居する地域が良いのではと思っていました。ところが、妻は、古い人も新しい人も混在し、マナーやルールを守れる地域が良いと思っていました。まずは、二人の価値観を合わせることが、家づくりで大切な作業だとわかりました。


次に、大まかな予算を決めました。月々の払いを6万円前後に抑えること。これを達成するには、諸費用込みで総額2500万円以下の物件にする必要がありました。

-- 家づくりの条件や予算を決めた後、どうやって訪問する業者を探しましたか?

情報源は新聞の折込チラシです。ネットはできる環境でしたが使いませんでした。当時は、地元の情報はまだまだ折込チラシが主流でした。新築にするか、中古にするか決めていなかったので、中古住宅から検討を始めました。

-- 中古住宅は何件検討し、どう結論を出しましたか?

3件検討し、中古を買うのを止めました。

理由は2つあります。1つ目は、実際に家を見学し、どの家にも妥協できない欠点があったことです。雰囲気が気に入らなかったり、道路付けが悪く車が離合できないなどです。

2つ目は、総費用が新築とさほど変わらないことです。仲介手数料は物件によりますが、70万円以上必要でした。また、水周りのリフォームが必要なので、100万円単位で費用がかかります。これを物件価格に足すと、想像以上に高くなりました。

-- 新築にしぼってからは、何件検討しどう結論をだしましたか?

建売業者、土地も販売している不動産会社や建築業者を5件訪問しました。検討に検討を重ね、最終的にオノケンに任せることに決めました。

-- 他の4社に決めなかった理由をそれぞれ教えてください。
A 建売住宅業者
営業がストーカー的だった。
B ハウスメーカー
住宅展示場が豪華すぎて、現実離れしていた。
C 不動産業者
ローン審査ばかりを優先された。
D 宅地分譲業者
価格・家は良かった。
会社の信頼性にやや難があった。
okusan-talk.jpg

-- A社の「営業マンがストーカー的」とはどういうことでしょうか?

A社の住宅を見学する前から、営業マンが自宅まで押しかけてきて「買いましょう!買いましょう」とごり押しされ、唖然としました。外出中でも家の前で待ち伏せしており、家のビデオを見てくださいと渡されました。何度断ってもしつこく、絶対ここでは買わないという気持ちで、いっぱいになりましたね。

-- B有名ハウスメーカーの「住宅展示場が現実離れ」とは具体的に?

チラシの段階でハウスメーカーは値段が高く、真剣に検討していませんでした。それでも1回は見ようと住宅展示場を訪問しました。モデルハウスは80坪以上もの家で素晴らしいのですが、あまりにも豪華で自分達の建てたい住宅とかけ離れていました。年収が1000万近くある人なら買えるかもしれませんが、予算2500万円以下で探している私達には関係のないものに思えたんです。


-- C不動産業者の「ローン審査ばかりを優先」とはどういうことですか?

C不動産業者の薦める家は、3000万円弱でした。予算が2500万円と言っているのに「あなたなら買えますよ!」、「ローンができるか審査しましょう」と連呼されました。ローンが通らないとそもそも家が買えないので、お互い時間が無駄になるのは分かります。しかし、最終的にお金を払うのは私たちです。それに、私たちの生活には興味がなく、それを考えずに「買えますよ」というのは無責任だと思えましたね。

-- D社は最後まで選択肢に残ったそうですね。

はい。価格はオノケンよりも安く、家も気に入っていました。最後は2択になりました。妻の父親が小野市で大工をしており、地元の業者をよく知っています。妻もオノケンの方がD社より信頼できると言うので、D社はお断りしました。
最後の決め手は、地元での信頼度でした。

-- オノケンに決めた理由を具体的に教えてください。

諸経費など、家つくりに必要な費用が全て理解できたこと
全く営業されなかったこと
予算内で建てられ、建物の内容も良い事
地元で実績があり信頼できること
分譲地の立地、周辺環境が良いこと
rittchi.jpg

-- 「最初に必要な費用が全て提示されたこと」とはどういうことですか?

数社の業者訪問して感じたのは、話の後の方で追加費用が後でどんどん出てくることでした。これでは最終的に総費用が膨れ上がり、予算オーバーになってしまいます。その点オノケンでは、細かいものも含めた総費用で最初から話が進みました。総予算と月々の支払額には特ににこだわっていたので、安心できました。

-- 「全く営業されなかった」とはどういうことですか?

モデルハウスで放置されたのです(笑)。普通は営業マンがついてきて、色々説明するでしょう?オノケンでは、2人で自由に好きなだけ見学できました。良い所も悪いところも、現場でしっかり話し合いました。また、執拗な営業は全くないので、安心して何度でも相談に行けました。

結果、予算内で希望通りの家が建つことが分かりました。また分譲していた宅地は、立地条件や周辺環境が希望通りでした。最後に妻の父が、「地元で信頼できる工務店だ」という助言に後押しされ、オノケンで建てることに決めました。


■ 「決めた予算を守ったことが快適な生活を支えている。」
これから家を建てる人に村井さんがアドバイスするとしたら・・・。

-- 誰しも家を建てるのに「だまされたくない」と思うものです。これから家を建てる人に、村井さんがアドバイスするなら何を伝えますか?

3つあります。
1つ目
業者を選ぶ時に注意すること
2つ目
予算のルールを守り、ボーナス払いなしで買える範囲の家にすること
3つ目
長期的なライフイベントを考えて家を設計すること

-- 1つ目 : 業者を選ぶ時に注意することを具体的に教えてください。

必要総額で話をする業者を選ぶ
結局払うのは自分。ローン返済のために買うのではない
じっくり話を聞いてくれる地元の工務店を選ぶ
結果、希望に近い家が建つ。小さな工務店の印象が良い
ごり押し営業をする業者を避ける
家を売ることばかりが先行するので希望を聞いてくれない
すぐにローン審査をという不動産業者はダメ
審査が通ると、結局ごり押しされる
有名ハウスメーカーには行かない。目の保養程度に・・・
価格が高く非現実的で、普通の人は行っても参考にならない。それに大きな会社は数が優先されるので、単に客の一人でしかない。


-- 2つ目 : 予算のルールを守り、ボーナス払いなしで買える範囲の家にするとは?
大枠を決め、その中で建てることができる家を決めていくことです。総予算からの引き算です。

わたしの場合は土地の形状を妥協しました。買ったのは三角形の土地で、希望の区画より150万円安価でした。尖った部分を駐車場にし、家の間取りを工夫すると十分な家が建ちました。結果、月々の支払い額を、予定通りにおさめることができました。
p1.jpg
無理をしない範囲で建てたことで、今の快適な生活があります。

また、ボーナス払いなしで買える範囲の家をすすめる理由は、雇用が不安定な世の中だからです。

ボーナスは昔と違って必ず出るものではなくなりました。無い場合も多いでしょう。ボーナス払いの月に、支払額を捻出するのは大変です。もし自分の友人にアドバイスするなら、安心できる支払い額にすべきだと言うでしょう。
3ninn.jpg

-- 3つ目 : 長期的なライフイベントを考えて家を設計する事をすすめる理由は何でしょうか?

建築当初は子供がいなかったので、生活がここまで激変するとは思ってもみませんでした。間取りや仕様を決める時、少しでも子供のことを考えておけば良かったと後悔したからです。起こりそうなライフイベントを想定した間取りや工夫を是非してください。夫婦二人の時には何の問題もなかったことも、家族が増えることで突然変わります。


-- 具体的に後悔した部分を教えてください。

収納スペース
子供の荷物が増え、節句の飾りなどをしまう場所がありません
狭いベランダ
土地を妥協した関係で、もともと狭いつくりで部屋の中から手を伸ばして干しています。また、洗濯物が増え全部干すのが困難になりました。もう少し部屋の面積を削っても広くしておけば良かったと思っています。
壁向きのキッチン
子供がキッチンで怪我をしないように柵を付けています。妻が料理中、甘えたがって、柵にしがみつきます。カウンターキッチンも良いなと思いました。


わたし達は幸い、業者選びや資金計画には満足しています。しかし1つだけいうと、建築当時は夫婦二人での生活を充実させることを考えていたので、その後の出産のことはあまり重要視していませんでした。そのことが惜しい点です。でも、今は家族が増えたことが、何よりの喜びになっています。これから家を建てる方は、あまり生活パターンを決めつけずに、将来的に融通の利く間取りにされたほうがいいですね。


■ オノケンへの今後の期待

-- 最後にオノケンへ、今後の期待をお願いします。

持ち家は賃貸と違い、屋根や外壁など建物のメンテナンス費用がかかります。それを踏まえた建築プランを提案してくれたので、4年経った今も比較的綺麗な状態を維持できています。今後、10年・20年とメンテナンスの良きパートナーとしてよろしくお願いします。

last21.jpg

お忙しい中、ありがとうございました。

※取材日時 2009年01月
※取材・制作 金子



村井家も読んだ、

「失敗しない業者選びの秘訣」メルマガ(無料)登録フォーム


※は必ずご入力ください。
お名前
苗字だけで結構です。
  例)山田
メールアドレス


この申込ページはSSLに対応しています。
お客様の大切なデータは暗号化して通信されます。
ご安心してお申込みください。

ご注意:ヤフーメール(****@yahoo.co.jp)やhotmail(*****@hotmail.com)などのフリーメールアドレスでは、届かないという事例例が報告されています。
メールアドレスはプロバイダーから割り当てられたもの(ocn,nifty,dion等)を入力するとトラブルがないようです。

2007年07月20日 08:50

お電話でのお問い合わせはこちらフリーダイヤル0120-626-541
メールでのお問い合わせはこちら

  • 今すぐ読める無料レポート
  • ダメ営業マンを見抜く「魔法の言葉」
  • 誰も話さない「家づくり5つの落とし穴」
  • 信頼できる工務店を見分ける「10のポイント」
  • 誰もが陥る「見積もり比較の罠」
  • 建てる前に知っておきたい「家づくり3つの勘所」
  • これで安心!成功する住まいづくり「5つの秘訣」
  • これだけは知っておきたい「土地探しの成功法則」
  • 絶対に譲れない「7つのポイント」
  • 子育て中の主婦が考えた「家づくりで失敗しない10のポイント」
  • 建築業者ではわからない「不動産業者から見た家づくり」
  • 不動産業者ではわからない「建築業者から見た家づくり」
  • 無料メルマガ「失敗しない業者選びの秘訣」
  • 無料メルマガ失敗しない建築業者選びの秘訣
  • ・見学会めぐりの罠
    ・見積比較の落とし穴
    ・職人の腕を見極める魔法の質問
    ・家づくりで成功する人・しない人
  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • ケータイアクセス用QRコード
  • 携帯アクセス用QRコード

  • 解除も簡単です
  • 無料メルマガ失敗しない土地選びの秘訣
  • ・陥りやすい境界線の落とし穴
    ・土地を安く買うための交渉方法
    ・建築条件を外す裏ワザ

  • お名前 《苗字だけで結構です》
    メールアドレス

  • 解除も簡単です